総量規制対象外 法律について

総量規制対象外と法律について

金貸し屋というと、闇金のイメージもありますが、銀行も消費者金融もいうなれば金貸しを商売としています。
サラリーマンローン、マイカーローン、住宅ローンもすべて借金そのものです。
金融業者では、かならず法律に則って、貸金をしています。
この時の法律は、消費者金融が貸金業法、銀行カードローンは銀行法です。
この2つの法律で決定的な違いは総量規制で、銀行法には存在していません。

 

総量規制と総量規制対象外

年収3分の一を限度額とする総量規制の法律がない銀行カードローンは、消費者金融よりも高い限度額になります。
借入限度額なども高く設定されています。
オリックス銀行は最高800万円のカードローンですし、三井住友銀行カードローンも500万円と高額です。
しかし、消費者金融では年収3分の一が限度額ですから、800万円の利用をしたいのなら年収2400万円以上の方になります。
国内なら存在しないことはないのですが、一般的に数字ではありません。
よって、スタート時点から限度額の違いは大きく露呈することになります。

 

審査の厳しさ

消費者金融と銀行カードローンで、審査が銀行カードローンの方が厳しいです。
高い限定額であることも確かですが、銀行の方がやはり銀行法によって厳しい審査が続きます。
銀行審査落ちで大手消費者金融に行く方も少なくないのです。
銀行カードローンの魅力は低金利の部分もあります。
審査でいうと、大手消費者金融よりも中小消費者金融がとても甘いです。
大手消費者金融審査に通らなかった方でも中小消費者金融でOKの場合が多く、特にブラック金融ができるとの口コミも多いです。

 

信用情報機関の内容

審査のポイントの信用情報機関の見方については、ブラックの印の異動情報も中小消費者金融では承認した上で借入ができます。
自己破産者でも担保なしでの利用ができたとの口コミもあるのですが、正規の消費者金融そのものです。
決して闇金などではないのです。
大手消費者金融との違いは金利の高さですが、貸金業法度は20%をこえることは決してありません。
いから高くても20%です。
大手消費者金融との開きは3%程度です。
中小消費者金融の審査が甘いですが、総量規制を越えることは決してありません。

 

消費者金融の総量規制対象外商品

それはまとめローンです。
住宅ローンなどと同じ扱いで、キャッシングですが現金は手に入らず、まとめローンは多重債務完済のための資金です。
そして、それを返済専用のキャッシングとして、返済していく形です。
それが総量規制、年収3分の一を越えても良いとされていて、金利もフリーローンよりも低金利です。
中には銀行並も低金利実現する物もありますが、審査の甘い中小消費者金融でも、まとめローンの審査は慎重です。

総量規制対象外と法律について関連ページ

中小消費者金融のまとめローンの落とし穴
総量規制対象外というと、銀行カードローンがあります。年収3分の一以上の借入ができるのですが、実際は半分程度です。・消費者金融がダメなら銀行カードローン審査の無理消費者金融の総量規制では限度額が少ないから、銀行カードローン審査に挑む。ブラックの方はもちろん、銀行カードローン審査は厳しいので、現実には、限度額を引き上げることは容易では無いでしょう。
中小消費者金融の総量規制対象外まとめローンでなければだめな人
総量規制対象外の銀行カードローン。低金利であるがゆえに価値があります。ノンバンクの総量規制対象外商品についてはどうでしょう?・総量規制と消費者金融消費者金融の限度額は総量規制によって限度額が決められています。ですから、総量規制対象外というと、フリーローンではなく、目的のある貸付です。
中央リテールの最強総量規制対象外のまとめローン
中小消費者金融の総量規制対象外の商品では、中央リテールの話をしなくてはならないでしょう。・中央リテールの総量規制対象外まとめローン中小消費者金融として口コミ情報も多い中央リテールは、返済専用のまとめローンだけを取扱金融業者です。消費者金融全体を見ても珍しいのですが、審査内容も特徴があります。