審査 大切さ

審査の大切さはココ

カードローン商品は、お金の売り買いです。
必ずカードローン金利が存在していて、選ばれた方にだけ借入ができます。
条件は、返済ができる人です。

 

どうして審査が存在するの?

審査がないということは、誰でも借りれることになります。
無収入の人に、100万円の借入申込があり、何も聞かずに貸すことができるか?というと、個人でも貸すことはできません。
消費者金融も銀行もそんなことをしていたら、経営は成立しません。
消費者金融の経営は、お金を貸して利息を取ることが目的です。
1人でも多くの方から利息を取るのではなく、利息をとれる人から確実取るための審査が存在しています。
クレジット会社、ローン会社など、お金を商品しているところではすべて審査があります。

 

問題は個人信用情報機関の信用情報

申込者は、適当な申告を行う事ができます。
100万円年収 勤続年数2年 中堅会社勤務 借入件数2件の融資人が、
300万円年収 勤続年数5年 公務員 借入件数0件の融資と記入することもできます。
しかし、これは金融業者で信用情報を確認するとすべてバレる可能性は100%です。
保証会社で嘘を書いたことがわかると審査落ちになるのは当然のことです。
嘘防止のための審査ですが、中小消費者金融では、「健康保険証をお持ちの方」とまで注意書きがあります。
「健康保険証を持っていない人」とは、収入が安定していない、無収入の方が考えられます。
そんな方も適当に書いて良い申込書なら、働いていますと申告して申し込みすることができます。
しかし、これもすべてすぐにバレます。
信用情報は、借金状況の確認だけだと思っている方も多いですが、過去に借金経験をしている方は、全ての個人情報である属性の内容が確認でき、嘘の申告は、バレてしまってそれだけで審査落ちになります。

 

事故情報

嘘の情報だけではなく、過去の借金状況の事故情報は異動情報として記録されています。
債務整理、多重債務、延滞情報などですが、こちらがあれば審査落ちの要因になります
カードローン会社では、ここに一つでも異動情報があればNG、2ならOKだけど3つならNGと言うような基準があります。
大手消費者金融や銀行カードローンは1つNG程度ですが、中小消費者金融では甘い審査になります。
ちなみに住宅ローンの契約時は1つでも異動情報があると契約不可能です。

 

返済能力の有無

異動情報のブラック情報、個人の属性などで、この人は返済ができるかが大きな問題になります。
銀行カードローンの場合は、全国銀行個人信用情報センターの情報で、消費者金融とは違うのですが事故には敏感です。
そして大手消費者金融では、銀行よりも甘いとされていますが、口コミでは事故がある難しい。
となると、審査の甘いと評判の中小消費者金融会社が借金しやすいです。
基本的には金融事故があった方もキャッシング体験ができる。
ホームページにも他社で借りられない方もご相談くださいとあります。
ブラック情報がある方でも借りられるのは、収入がある方と総量規制の範囲内である方です。
もっと細かく言えば、在籍確認もでき、完済意欲がきちんとある方です。
電話と書類のやり取りだけで契約をする場合、何度もコンタクトをとって確認することになります。
審査の甘い中小消費者金融と聞いたけれど、審査時間はかかるし、結構大変なわりには少額しか借りられないという口コミもありますが、これは本当の話です。
中小消費者金融では審査落ちもあります。
さんざん時間をかけて審査したのに、結局審査落ちかよ、という方も多いです。

審査の大切さはココ関連ページ

金融業者と信用情報の見方について
中小消費者金融も大手消費者金融と同じ信用情報機関で審査をします。ただし、大手とは審査基準のハードルが全く違います。既に消費者金融利用をしていて、それなりの事故情報があったとしても、その事故情報に関しては審査を行います。
審査落ちのときには中小消費者金融も
中小消費者金融ではもともとフリーローンは金利が高く、まとめローンは低金利のはずですが、大手消費者金融のフリーローンと変わらないことが多いです。要するに、大手消費者金融の多重債務を中小消費者金融のまとめローンに借り換えをしてもお得感がないことが多いです。一見良さそうなまとめローンですが、申込情報などを確認した上で、シミュレーションを行ってから申込を考えてみてください。
無職の審査落ちは当たり前だけど
微妙な今だけ無職。数ヶ月前まで働いていたから、在籍確認もなんとかごまかす。無職の審査通過のために、電話での在籍確認をごまかす方もいます。 気持い痛いほどわかりますが、書類提出のときにすべてバレます。あとからになってわかったときには、大変な事になります。