金融業者 信用情報 見方

金融業者と信用情報の見方について

金融業者の審査基準は違います。
銀行カードローンは全国銀行個人信用情報センター、消費者金融では別の個人信用情報機関で、属性以外の信用情報を入手、確認した上で契約の合否を決めます。

 

信用情報の違い

例えばオリックス銀行カードローンの場合は、銀行カードローンの信用情報を重視します。
A銀行やB銀行なども同様です。
しかし、プロミスなどの大手消費者金融は別の信用情報から、借入状況、債務整理経験などの確認をします。
ということは、銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、信用情報の見るところが違うこともあります。
たまに、消費者金融が審査落ちで銀行カードローンの審査が通るとはこういうことがあるのです。
信用情報機関の内容は絶対ですが、見る機関の違いで申し込みがスルスルとうまく行く方もいます。
ただし、事故情報が一つでもあるとカード全体の信用情報がガタ落ちになる口コミなども聞かれます。
特に延滞中の申し込みなどは、金融事故以前の問題です。
いずれにしても、審査落ちに隠されたラッキーな借入ができることもあるということです。

 

最近のカードローン商品

ところが、ここ最近は、銀行カードローンの保証会社が大手消費者金融が担うことも聞かれます。
大手消費者金融は銀行の傘下に入っていることが多いため、カードローン申込のときに、消費者金融の信用情報も入手する機会が増えています。
事前に、どこの信用情報機関を使っているかをチェックすることで、審査落ちを防止することも可能かもしれません。
現在、プロミスの審査落ちの方がC銀行カードローンの申込をしようというとき、C銀行の保証会社がプロミスなら、審査落ちは決定的なのです。
もちろん反対のケースも考えられます。

 

中小消費者金融では?

中小消費者金融も大手消費者金融と同じ信用情報機関で審査をします。
ただし、大手とは審査基準のハードルが全く違います。
既に消費者金融利用をしていて、それなりの事故情報があったとしても、その事故情報に関しては審査を行います。
要するに、大手は事故情報の存在そのものが審査落ちですが、中小はその事故情報がどんな程度なのかをみてくれます。
それで審査通過率が高くなる可能性が上がります。
良い例が年収3分の一の総量規制限度額内であれば契約ができる街金も多いです。
他社借入出があったとしても3件程度はOKなど、柔軟な審査が期待できます。
なお、審査の段階で、住宅ローンやカーローンに関しては対象外になります。

 

フクホー等の中小消費者金融のキャッシング利用がしやすいと言うのはこうした信用情報機関の見方が大手とは全く違いからです。
その後の在籍確認などは同じですが、中小消費者金融では借り入れをしていた過去よりも、今後の返済能を重視します。
申込情報の中で一定収入がある、信用情報で延滞情報がないことの方がより大切な審査材料なのです。
返済日に入金されていない、個人情報で収入が低いなどの理由で中小消費者金融の審査落ちをする方は結構多いです。
もちろん理由を教えてくれる、信用情報開示などはありませんが、過去の事故ではなく、今現在事故中の申込は中小消費者金融でも審査に通りません。

金融業者と信用情報の見方について関連ページ

審査の大切さはココ
異動情報のブラック情報、個人の属性などで、この人は返済ができるかが大きな問題になります。銀行カードローンの場合は、全国銀行個人信用情報センターの情報で、消費者金融とは違うのですが事故には敏感です。そして大手消費者金融では、銀行よりも甘いとされていますが、口コミでは事故がある難しい。
審査落ちのときには中小消費者金融も
中小消費者金融ではもともとフリーローンは金利が高く、まとめローンは低金利のはずですが、大手消費者金融のフリーローンと変わらないことが多いです。要するに、大手消費者金融の多重債務を中小消費者金融のまとめローンに借り換えをしてもお得感がないことが多いです。一見良さそうなまとめローンですが、申込情報などを確認した上で、シミュレーションを行ってから申込を考えてみてください。
無職の審査落ちは当たり前だけど
微妙な今だけ無職。数ヶ月前まで働いていたから、在籍確認もなんとかごまかす。無職の審査通過のために、電話での在籍確認をごまかす方もいます。 気持い痛いほどわかりますが、書類提出のときにすべてバレます。あとからになってわかったときには、大変な事になります。