年収の3分の1 総量規制 審査落ち 原因

年収の3分の1までの総量規制が審査落ちの原因かも

中小消費者金融審査甘いところをお探しの場合、大手に申し込みをしてみたけれど断られたという方も多いのではないでしょうか。
断られずに審査に通り大手消費者金融や銀行カードローンから融資を受けることができていれば、今ごろは中小消費者金融審査甘いところを探していなかったのではりませんか。

 

ということは、大手に審査落ちをした原因を明らかにでき、その部分を改善できればいいことになります。
もしかしたら、消費者金融や信販会社などの貸金業者に適用されている貸金業法の総量規制が原因で審査に落とされているかもしれません。

 

総量規制とは、年収の3分の1までしか貸し付けできないという決まりで、貸金業法が改正されたときにスタートしました。
銀行は貸金業法の適用外なので総量規制も無関係なのですが、貸金業者が扱っている商品のカードローンクレジットカードのキャッシング枠、フリーローンで貸し付けをしている金額の合計が、その人の年収の3分の1までを上限とする決まりになっています。
この決まりは一社あたりではなく、一人の人に対し、全ての貸金業者の合計となります。

 

すでに貸金業者から融資を受けているなら、申し込みをした当時の借入残高と年収を比較してみてください。
きっちり年収の3分の1の額に達していなかったとしても、近ければそれが原因で審査に落とされてしまいます。
もし現在の貸金業者からの借入残高が年収の3分の1に迫っているなら、いくら中小消費者金融審査甘いに関する有力情報をつかめたとしても、審査に通ることはできません。

 

おまとめローンなら貸金業者の商品だとしても総量規制対象外なので、年収の3分の1以上の金額でも借り換えが可能です。
そもそも貸金業者を探すのではなく、銀行カードローンなどにするというのも選択肢としてあります。

 

銀行カードローンはおまとめローンではありませんが、利用限度額が高いので、借入総額を十分にまとめられるくらいの余裕があることが多いのです。
銀行は消費者金融などより低金利だというメリットもあります。

 

少額で複数から融資を受けていると、新規での審査にはマイナス印象を与えてしまうのですが、借入総額が同額でも業者数が少なければ審査にはプラスに働きます。
融資額が少ないということは、その金融業者の審査担当者からそれだけ低評価を下されたと考えられてしまいます。
融資額が高額なら、それだけまとまった金額の貸し付けをしても踏み倒されないという高評価をされているわけですから、次の審査担当者の印象もよくなるというわけです。

 

おまとめローンにすれば多重債務が1カ所に減らせますので、審査を有利にする手段の一つになります。
また、担保にできる不動産を所有している方でしたら、不動産担保ローンも一考の価値があります。
見渡してみれば他にも選択肢はあるものです。
いろいろな可能性も視野に入れて、現状を一度見直してみるのもいいのではないでしょうか。

年収の3分の1までの総量規制が審査落ちの原因かも関連ページ

全国どこの中小消費者金融も便利なフリーローンと振込キャッシング
中小消費者金融審査甘いといわれていることから申し込みを検討されるなら、よく理解をしてから手続きをすることが大切です。中小消費者金融会社の多くはフリーローンであり、カードローンではありません。フリーローンは名前に自由を意味する単語が入っていることからも想像がつくように、借入れしたお金の使途は自由です。
金融ブラックでも審査甘くなるケースとは
中小消費者金融審査甘いところがあるといわれる理由の一つは、大手は機械で行うスコアリングシステムを採用しているのに対し、中小は独自の方法で柔軟な判定がなされることにあるでしょう。中小消費者金融によっては審査のときに面談を行うなどして、担当者が直接ご本人のお話に耳を傾け、どうしてブラックになったかなど聞いた上で現在の返済能力を適正に判断します。
中小消費者金融の審査に通りやすい人とは
中小消費者金融審査甘いということで、都市銀行や大手消費者金融などに申し込みをしたけれど断られた人が、中小だったら借り入れができるのではとたどり着くケースが多いのではないでしょうか。大手はテレビCMや宣伝を大々的に行っていますから、知名度の高さからまず申し込みをする場所になりがちです。