おまとめローン 審査 厳しい

おまとめローンの審査は厳しいのは当たり前

おまとめローン金利は、借入限度額によって違います。
キャッシングが少なければ金利は高いですが、多額になるほど有利です。
この時、多重債務の件数は別問題になります。

 

審査基準

大手消費者金融のおまとめローンの審査基準は、年収と信用情報です。
両方が良好でなければ審査に通りません。
中小消費者金融の場合も一応信用情報は甘くなるのですが、年収では厳しいでしょう。
返済額に対して年収が低ければ、中小消費者金融も無理です。
せっかくの低金利は魅力ですが、キャッシング審査としては、大手も中小もそれなりに厳しいのです。

 

消費者金融では、貸金業ですから、貸金業法を守っています。
総量規制と言って、年収3分の一が限度額になります。
おまとめローンは、総量規制対象外の商品ですから、審査内容がフリーローンと違ってきます。
基本情報だけではなく、完済ができるために信用情報なども細かくなっていきます。
中小消費者金融でもはっきりとした対応ではなく、要相談であり、審査通過率はあまり良くないようです。
もともとブラックリスト対応の中小消費者金融ですが、それは少額融資を対象にしています。
高額なおまとめローンは金利設定も低いかわりに審査は厳しくしているのが現状でしょう。
残額が多ければ、返済金額によっては、それだけで審査落ちもありなのです。

 

おまとめローンか債務整理か

究極はこの選択です。
中小消費者金融のおまとめローン申し込みが、返済額を小さくしたいだけなら、問題はないでしょう。
中には数%の金利差で、大手消費者金融でも通るかもしれないけれど、中小消費者金融の方が審査通過が良い、ブラックではない方は有利です。
現在、平均16%の多重債務を中小消費者金融のまとめローン14%にする。
2%の差は大きいです。
中小消費者金融としても信用情報の金融事故もない、自己破産などもしていない上客なら、最短1日の審査ができます。

 

しかし、ベタベタのブラックリストの中小消費者金融のおまとめローンはできないと思ってください。
それでも高収入者であり、ごっつい多重債務だけど返済金額が年収より低いとか、高金利のキャッシング会社の借金などである場合、中小消費者金融も相談に乗ってくれます。
それは収入があるからです。
ホームページの商品概要だけではなく、内容的に具体的な説明などもあります。
この人は金融事故もあるけれど、完済の見込みありとわかれば、態度が変わります。

 

しかし、そうではない場合は、最初から債務整理を勧められることもあります。
もし、ここでおまとめローンをしたとしても、返済ができない、途中でリタイアするのなら、今のうち、という忠告です。
貸金業登録の良心的な中小消費者金融なら、ブラックリストを選び、債務整理を勧めるところも多いです。
利用者としては不本意ですが、これは優良業者といえます。

おまとめローンの審査は厳しいのは当たり前関連ページ

中小消費者金融のおまとめローンは勧めない理由
中小消費者金融のおまとめローンでは、審査は大手消費者金融と比較して甘いが金利は高いと言えるでしょう。・多重債務をどう考える?現在、多重債務である、返済が大変、なんとかおまとめローンにしたいけれど、大手消費者金融も銀行も審査落ち。これらの金融会社の審査で、おまとめローンは、審査が厳しくて金利が低いのです。まるで中小消費者金融の逆です。
おまとめローンは誰でもできるものではない
おまとめローンをしたいけれど、中小消費者金融しかない。審査が甘いと考えがちですが、簡単に勧められない理由もあります。・おまとめローンができる人.本来、おまとめローンと言うのは、多重債務の残債が多い方が行うのではありません。もっと余裕のあるキャッシングにしませんか?
おまとめローンの詐欺に遭わないこと
おまとめローン詐欺なるものがあります。中小消費者金融を語る闇金やソフト闇金の仕業ですが、絶対に引っかからないようにしてください。・審査は厳しいはず.銀行も大手消費者金融、中小消費者金融もおまとめローンとなると審査は厳しくなります。